登録販売者試験 過去問から導く最強対策《東海北陸版》

過去問を完全分析して見えてくる最強対策

第2章「III 症状からみた主な副作用 」1-1)ショック(アナフィラキシー)

 

sponsored Link

III 症状からみた主な副作用 からは、4~6問程度の出題が見込まれますが、H29年はなんと2問しか出ませんでした。この項が苦手な人は思い切って「捨てる」という選択もありでしょう。または頻出問題だけでも確実に解けるようにしておくだけでも十分かもしれません。

1-1)ショック(アナフィラキシー) 

f:id:ashomopapa:20181118181251p:plain

 第5項

ショック(アナフィラキシー)は、生体異物に対する即時型のアレルギー反応の一種である。 原因物質によって発生頻度は異なり、医薬品の場合、以前にその医薬品によって蕁麻疹等のアレルギーを起こしたことがある人で起きる可能性が高い。
以前に医薬品の使用によって蕁麻疹等のアレルギーを起こしたことがある人は、その医薬品によるアナフィラキシーが起きるリスクは低いとされている。(H22)
医薬品の成分に対する即時型の過敏反応(アレルギー)である。(H22)
以前にその医薬品の使用によって蕁(じん)麻疹 等のアレルギーを起こしたことがある人で起きる可能性が高い。(H26)
ショック(アナフィラキシー)は、医薬品成分に対する遅延型のアレルギー反応である。(H28)

 一度何かの医薬品で蕁麻疹などのアレルギーが起きたことのある人は、また同じ医薬品を服用したりすると再びアレルギーが起こる可能性が高いのです。

アナフィラキシーの場合その反応速度は「即時型」といわれるほど速いものです。

ちなみに、遅延型のアレルギーとしては貼り薬などの「かぶれ」などがあります。 

  

最強対策コンテンツ一覧に戻る