登録販売者試験 過去問から導く最強対策《東海北陸版》

過去問を完全分析して見えてくる最強対策

第3章「Ⅰ 精神神経に作用する薬 」1-2)主な配合成分等(a)(b)(c)(d)(e)(f)

 

sponsored Link

 Ⅰの1-2)からは2問、そのうち(a)~(f)で概ね1問出題されそうです。 

f:id:ashomopapa:20181202210643p:plain

 頻出項目は3つ。

(a) 発熱を鎮め、痛みを和らげる成分(解熱鎮痛成分)

第9項

かぜ薬に配合される主な解熱鎮痛成分としては、アスピリン、サリチルアミド、エテンザミドアセトアミノフェンイブプロフェンイソプロピルアンチピリン等がある。解熱作用がある生薬成分としてジリュウが配合されている場合もある。
イブプロフェンは、解熱鎮痛成分(生薬成分を除く。)による胃腸障害を低減させることを目的として、配合されている場合がある。(H22,29)
サリチルアミド - 鼻粘膜の充血を和らげ、気管・気管支を拡げる。(H22)

主な解熱鎮痛成分を覚えておけばなんてことない問題ですが、それが難しいからこのページを見ていると思います。

頻出問題を押さえておけば十分点数が獲れるという前提の勉強法なので、ここでは「イブプロフェン」と「サリチルアミド」だけは「解熱鎮痛成分」であると覚えておきましょう。

 

(b) くしゃみや鼻汁を抑える成分(抗ヒスタミン成分、抗コリン成分)

第11項(過去5回出題)頻出

かぜ薬に配合される主な抗ヒスタミン成分に、クロルフェニラミンマレイン酸塩、カルビノキサミンマレイン酸塩、メキタジン、クレマスチンフマル酸塩、ジフェンヒドラミン塩酸塩等がある。 【Ⅶ-1】抗ヒスタミン成分によりヒスタミンの働きが抑えられると眠気が促される。
フマル酸クレマスチンは、抗ヒスタミン成分であり、くしゃみや鼻汁を抑えることを目的として、かぜ薬に配合されるが、服用によって眠気が促されることがあるため、注意が必要である。(H21)
メキタジン - 鼻汁分泌を抑える。(H23)
フマル酸クレマスチン - 発熱を鎮め、痛みを和らげる。(H24)
メキタジン - 痰の切れを良くする。(H28)
メキタジン - くしゃみや鼻汁を抑える。(H29)

ヒスタミン成分=くしゃみ・鼻水を抑える&眠気がでる、と覚えておきましょう。

あとは、メキタジンクレマスチンフマル酸塩(ルルに配合されてます)は抗ヒスタミン成分であることを最低限覚えておきましょう。

ちなみに、カルビノキサミンは大正製薬のかぜ薬(パブロンシリーズ)に多く配合されている「シベロン」のことです。

 

(e) 痰の切れを良くする成分(去痰成分)

第14項(過去4回出題)

かぜ薬に配合される主な去痰成分に、グアイフェネシン、グアヤコールスルホン酸カリウムブロムヘキシン塩酸塩、エチルシステイン塩酸塩等がある。
塩酸ブロムヘキシン発熱を鎮め、痛みを和らげる。(H23)

痰の切れを良くする目的でかぜ薬に配合される成分として、正しいものの組み合わせはどれか。

ブロムヘキシン塩酸塩イブプロフェングアイフェネシンジフェンヒドラミン塩酸塩(H27)

ブロムヘキシン塩酸塩 - 発熱を鎮め、痛みを和らげる。(H28,29)

 ここでは、ブロムヘキシン塩酸塩は去痰剤、と覚えておきましょう。

H27年の問題は、グアイフェネシンを覚えるのが大変でも、イブプロフェンが去痰剤ではないことや、ジフェンヒドラミン塩酸塩は抗ヒスタミン成分だ、と分かれば正解が導ける問題でした。

 

最強対策コンテンツ一覧に戻る