登録販売者試験 過去問から導く最強対策《東海北陸版》

過去問を完全分析して見えてくる最強対策

第3章「Ⅰ 精神神経に作用する薬 」5-1)代表的な配合成分、主な副作用

 

sponsored Link

5 鎮暈薬(乗物酔い防止薬)からは 1問出題されるでしょう。出題箇所は「1)代表的な配合成分、主な副作用」からだけで、「2)相互作用、受診勧奨等」は無視していいでしょう。

 3回以上の頻出項目は4項です。この4項を押さえておけば、そのうち2項はヒット(実際に出題される)しそうなので、きっと1点ゲットできるでしょう。

f:id:ashomopapa:20181202211839p:plain

 

1)代表的な配合成分、主な副作用

第3項(過去4回出題)

ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。
( a )は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。(H24)
塩酸ジフェニドールは、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。(H25)
ジフェニドール塩酸塩は、胃粘膜への麻酔作用によって嘔吐刺激を和らげ、乗物酔いに伴う吐きけを抑えることを目的として配合される。(H26)
ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。(H29)

 ジフェニドールは医療用でもよくつかわれる成分ですが、めまいに関与する「内耳に直接作用」すると覚えておきましょう。

ちなみに、H26年の出題はジフェニドールではなくオキセサゼイン(商品名:サクロンQなどに配合)のことですね。

 

第5項(過去5回出題)頻出です!

ヒスタミン成分は、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用を示す。また、抗ヒスタミン成分は抗コリン作用を示すものが多いが、抗コリン作用も乗物酔いによるめまい、吐きけ等の防止・緩和に寄与すると考えられている。 ジメンヒドリナートは、ジフェンヒドラミンテオクル酸塩の一般名で、専ら乗物酔い防止薬に配合される抗ヒスタミン成分である。
塩酸ジフェニドールは、テオクル酸ジフェンヒドラミンの一般名で、専ら鎮暈薬に配合される成分である。(H21)
ヒスタミン成分である( b )と( c )は、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用を示す。(H24)
ジメンヒドリナートは、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用を示し、専ら乗物酔い防止薬に配合される抗ヒスタミン成分である。(H25)
ジメンヒドリナートは、不安や緊張などを和らげることで、心理的な要因による乗物酔いの発現を抑える。(H26)
ジメンヒドリナートは、ジフェンヒドラミンテオクル酸塩の一般名で、専ら乗物酔い防止薬に配合される抗ヒスタミン成分である。(H27)

 ヒスタミン成分として最もよく出題されるのがジメンヒドリナートです。

テオクル酸ジフェンヒドラミンという「別名がある」ということも覚えておきましょう。(別名そのものは覚えてなくても大丈夫)

H24年の(c)はなかなか難しいのですが、この問題には第7項で解説する「続き」があります。第7項を押さえておけば大丈夫です。

H26年の設問は、「3眠気を促す薬」で出てくるブロモバレリル尿素などの鎮静成分のことですね。

 

 

第7項

プロメタジンテオクル酸塩等のプロメタジンを含む成分については、外国において、乳児突然死症候群や乳児睡眠時無呼吸発作のような致命的な呼吸抑制を生じたとの報告があるため、15歳未満の小児では使用を避ける必要がある。
( c )は、外国において、乳児突然死症候群や乳児睡眠時無呼吸発作のような致命的な呼吸抑制を生じたとの報告があるため、小児では使用を避ける必要がある。(H24)
プロメタジンテオクル酸塩等のプロメタジンを含む成分については、外国において、乳児突然死症候群や乳児睡眠時無呼吸発作のような致命的な呼吸抑制を生じたとの報告があるため、 15歳未満の小児では使用を避ける必要がある。(H27)
プロメタジンを含む成分については、外国において、乳児突然死症候群などのような致命的な呼吸抑制を生じたとの報告があるため、15歳未満の小児では使用を避ける必要がある。(H28)

 プロメタジン:呼吸抑制:15歳未満はダメ、と覚えましょう。

 

第9項

スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、乗物酔い防止に古くから用いられている抗コリン成分で、消化管からよく吸収され、他の抗コリン成分と比べて脳内に移行しやすいとされるが、肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗ヒスタミン成分等と比べて作用の持続時間は短い。
スコポラミン臭化水素酸塩は、乗物酔い防止に古くから用いられているヒスタミン成分で、 肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗コリン成分等と比べて作用の持続時間は短い。(H26)
スコポラミン臭化水素酸塩は、乗物酔い防止に古くから用いられている抗コリン成分で、肝臓での代謝緩やかなため、抗ヒスタミン成分と比べて作用の持続時間は長い。(H28)
スコポラミン臭化水素酸塩は、乗物酔い防止に古くから用いられているヒスタミン成分である。(H29)

スコポラミン:抗コリン成分:吐き気や気持ち悪さを軽減、することを期待されています。また、スコポラミン:代謝速い:効き目は短い、ことも合わせて覚えましょう。

※ちなみにスコポラミンが配合された有名な商品としては、皆さんの店頭にも胃薬のコーナーに「ブスコパン」という商品が並んでいることでしょう。 医療用ではブチルスコポラミンと呼ぶのが一般的です。

 

 

最強対策コンテンツ一覧に戻る