登録販売者試験 過去問から導く最強対策《東海北陸版》

過去問を完全分析して見えてくる最強対策

第3章「Ⅱ 呼吸器官に作用する薬」2-1)

 

sponsored Link

 口腔咽喉薬、うがい薬(含嗽薬)の代表的な配合成分等からの出題は大変ばらついています。

過去3回以上の出題は1項だけで、H27年まではほぼ毎年出題されていました。 

f:id:ashomopapa:20190120124217p:plain

 第8項(過去6回出題)

声がれ、喉の荒れ、喉の不快感、喉の痛み又は喉の腫れの症状を鎮めることを目的として、リゾチーム塩酸塩、グリチルリチン酸二カリウム、トラネキサム酸等の抗炎症成分が用いられる。 (中略)リゾチーム塩酸塩については、(略)鶏卵アレルギーの既往歴がある人では使用を避ける必要がある。
塩化リゾチームは、鼻粘膜や喉の炎症を生じた組織の修復に寄与するほか、痰の粘りけを弱める作用を示すとされるが、鶏卵アレルギーがある人では、使用を避ける必要がある。(H21)
塩化リゾチーム - 鶏卵アレルギーの既往歴がある人は使用を避ける。(H22)
塩化リゾチーム - くしゃみや鼻汁を抑える。(H24)
d-マレイン酸クロルフェニラミンは、鶏卵の卵白から抽出した蛋白質であるため、鶏卵アレルギーがある人では使用を避ける必要がある。(H25)
リゾチーム塩酸塩が配合された含嗽薬は、鶏卵アレルギーの既往歴がある人が使用しても問題ない。(H26)
リゾチーム塩酸塩は、口腔内や喉に付着した細菌等の微生物を死滅させたり、その増殖を抑えることを目的として用いられる。(H27)

 リゾチームは最近の研究報告によって、抗炎症作用はほとんどないなどとされましたが、現在の問題の手引きでは抗炎症成分の一つとして載っています。

リゾチーム⇔鶏卵アレルギーには禁忌、となることはしっかり押さえておきましょう。