登録販売者試験 過去問から導く最強対策《東海北陸版》

過去問を完全分析して見えてくる最強対策

第5章 出題傾向(H21~29年)

 

それでは、どんどんいきましょう。 

平成29年度試験の問題分析結果、第5章です。

 

f:id:ashomopapa:20171119135803p:plain

 

H30年は概ね例年並みの出題割合だったと言えるでしょう。主題ごとの内訳をみてみましょう。

 

 主題Ⅰ「医薬品の適正使用情報」

 

ここで半分出ます。10~12問の出題ですが、H30年は10問くらいになりそうです。

しかも、そのうち7割くらいは1)添付文書の読み方 から出題されています。

2)~4)で各1問が出題されそうです。

 

主題Ⅱ「医薬品の安全対策」

 

3~4問の出題です。1「医薬品の副作用情報等の…」から2問、2「医薬品による副作用等が…」から1~2問の出題予測です。

ページ数が少ないので確実に準備しておきましょう。

 

主題Ⅲ「医薬品の副作用等による健康被害の救済」

 

ここでも3~4問の出題です。

H29年は出題なしでしたが 1)医薬品被害救済制度 から恐らく1問、2)医薬品被害救済制度等への案内、窓口紹介 から毎年3問出題されます。

ページ数も少ないので、なじみが薄いところですが、しっかり押さえましょう。

 

主題Ⅳ「一般用医薬品に関する主な安全対策」

 

0~1問です。ポイントはほぼ決まっているので、一応さらっと押さえておきましょう。(後日の出題詳細記事を参照)

 

主題Ⅴ「医薬品の適正使用のための啓蒙活動」

 

必ず1問出ます。パターンはいくつかのみですので、しっかり押さえておきましょう。

 

 

出題内容の詳細は後日掲載します。頑張ってしっかり取り組みながらお待ちください。

 

第4章 出題傾向(H21~29年)

 

随分ご無沙汰してしまいました。

診療報酬改定や薬価改定などで日々の薬局業務に追われてしまい、中名こちらのブログを更新できない日々でした。

 

今年(平成30年)の登録販売者試験の受験を考えている人はそろそろ勉強を進めたい頃になってきました。頑張ってブログ更新していきます!!

 

それでは、平成29年度を含めた第4章の出題傾向です。

 

f:id:ashomopapa:20171119135159p:plain

※第4章は平成26年から問題作成の手引きが改訂され、主題や副題が変更になっています

 

 主題Ⅱ「医薬品の分類・取扱い等」

 

ここからは8~10問の出題が見込まれます。H29年が10問なのでH30年は8問くらいでしょうか。

1)医薬品の定義と範囲 からは、4~6問

2)容器・外箱等への記載事項… からは毎年必ず1問でます

3)医薬部外品、化粧品、保健機能食品等 からは3~5問

 

出題の詳細は後日まとめますが、しっかり押さえていきましょう。

 

主題Ⅲ「医薬品の販売業の許可」

 

5~8問の出題が見込まれますが、H29年は5問でしたので、H30年は7,8問は出るかもしれませんね。

1)許可の種類と… からは4問程度は出そうです。ページ数は5ページなのでしっかり押さえられそうです。

2)リスク区分に応じた… からは3,4問でそうですが、ページ数が14ページと多いので出題内容をきっちり把握して勉強しないと大変そうですよ。

 

主題Ⅳ「医薬品販売に関する法令順守」

 

3~5問の出題が見込まれます。H29年が5問でしたので、H30年は3問くらいでしょう。

1)~3)から1問ずつといったところでしょうか。

ページ数は多くないので、キッチリ獲りたいですね。

 

後日詳細記事をアップしますので、ご期待ください。

第3章 出題傾向(H21~29年)

 

最も出題数の多い第3章の出題傾向です。

今後「出題詳細」でも触れていきますが、一般的事項と個々の医薬品成分についての問題を区別して勉強していく必要がありますよ。

 

 

まず範囲が広いので、Ⅰ~XVI までの主題別の出題数です。

f:id:ashomopapa:20171119133917p:plain

 ※H26年からⅦ、Ⅷはタイトル名称が改訂されています

Ⅰ 風邪薬や解熱鎮痛薬などの出題ですが、毎年7~8問の出題です。

Ⅱ だいたい3問の出題で、昨年は2問、今年は4問でした。

Ⅲ 例年5問は出題されていましたが、昨年は3問、今年は4問でした。

Ⅳ だいたい3~4問の出題で、今年は4問でした。

Ⅴ だいたい2~3問の出題で、今年は1問と少なかったです。

Ⅵ 婦人薬はだいたい1~2問でしたが、昨年は出題なし、今年は1問出題でした。

Ⅶ 例年1問、多くて2問だったのですが、今年は3問でした。

Ⅷ 例年1問ですが、今年はⅦで3問出た影響か出題なしでした。

Ⅸ 今までずっと必ず2問の出題です。

Ⅹ だいたい3~4問の出題で今年は3問でした。

Ⅺ だいたい1~2問のところ、今年は1問でした。

平成24年以降毎年1問の出題です。

XⅢ だいたい1~2問のところ今年は3問でした。

XⅣ 漢方処方はだいたい1~2問ですが、昨年、今年と3問出題が続いています。

XⅤ だいたい2~3問ですが、今年は1問だけの出題でした。

XⅥ 検査薬は昨年を除いて毎年1問の出題、昨年だけなぜか3問出題でした。

 

 

次に各主題の中身を見ていきましょう。

 

 「Ⅰ 精神神経系…」「Ⅱ 呼吸器官…」

この2項目から、10問(4分の1)以上が出題されると思っていいでしょう。f:id:ashomopapa:20171119134222p:plain

 だいたいですが…

Ⅰ 精神神経に作用する薬では

「1かぜ薬」で3~4問出ていますが、今年は2問だけでした。

「2解熱鎮痛薬」では2問の出題です。

「3眠気を促す薬」「4眠気を防ぐ薬」「5鎮暈薬」「6小児の疳を…」からは各1問ずつ出題されました。

 

Ⅱ 呼吸器官に作用する薬では

「1咳止め・痰を出やすくする薬」は例年並みの2問。

「2口腔咽喉薬、うがい薬」では7年ぶりに2問出題されました。

 

 

 「Ⅲ 胃腸…」「Ⅳ 心臓などの器官や血液…」

 

 今までは少ない年で6問、多ければ10問出題されています。

f:id:ashomopapa:20171119134247p:plain

Ⅲ 胃腸に作用する薬では例年より少なめの4問が出題されました。

ページ数からするとやや損を感じる項目ですね。

 

Ⅳ 心臓などの器官や血液に作用する薬では、例年3~4問の出題ですが今年は4問でした。ページ数だとⅢよりグンとお得で効果的に得点できそうです。

 

ただし、Ⅲ、Ⅳどちらも代表的な配合成分に関する出題が多い ので、よく出題される成分をしっかり押さえておくことが大事なポイントのようです。

 

「Ⅴ 排泄に関わる部位…」「Ⅵ 婦人薬」「Ⅶ 内服アレルギー用薬」「Ⅷ 鼻に用いる薬」 

今までは5~7問の出題ですが、H29年度は5問でした。ページ数は約22ページ。

f:id:ashomopapa:20171119134321p:plain

Ⅴからは配合成分に関する出題がなく1問のみ。

Ⅶは例年1~2問のところ、3問出題。症状や薬の働く仕組みに関しての出題でプラス1問でした。

その代わり、Ⅷからの出題がありませんでした。 

 

 

「Ⅸ 眼科用薬」「Ⅹ 皮膚に用いる薬」「Ⅺ 歯や口中に…」「Ⅻ 禁煙補助剤」

 4つの項目で例年6~9問、ページ数は27ページあります。

f:id:ashomopapa:20171119134351p:plain

 

ⅩⅢ 滋養強壮保健薬 ~ ⅩⅥ 一般用検査薬 

例年6~8問で平成28年のみ11問の出題がありました。ページ数は約26ページ。

f:id:ashomopapa:20171119134416p:plainH29年度はXV公衆衛生用薬で出題が1問しかありませんでした。それ以外は概ね例年並みでした。

XV公衆衛生用薬では「2-1)衛生害虫の種類と防除」から出題が2年連続でした。

 

第3章の出題傾向はざっとこんな感じです。

ところで、配合成分に関する問題がどれくらいあるのか???って気になるところですよね。第3章はそこが問題ですからね。。。

 

 

今後の記事で、出題内容の詳細について取り上げていきますね。

※来年の試験対策に間に合うようにしたいです(''◇'')ゞ

 

第2章 出題傾向(H21~29年)

 

平成29年度の試験問題の分析結果です。

 

医薬関係者として、人体のことを理解し、医薬品の働く仕組みを理解しておくことは絶対必要条件です。

ですが、試験に合格する上では、より効果的な勉強をした方がいいに決まっています。

 

1・4・5章を頑張ることを前提にすると、第2章の目標は6割獲れれば十分です。

 

f:id:ashomopapa:20171119133449p:plain

以前の記事で、「主題Ⅰからの出題は11問」と述べましたが、なんと15問の出題でした。

そのため、主題Ⅲの出題が2問しかありませんでした。

主題Ⅱは例年通り3問の出題でした。

 

Ⅰ 人体の構造と働き

 

ここからの出題が4問増えていましたが、その内訳は

  • 1-1)消化器系 で2問
  • 1-3)循環器系 で1問
  • 4脳や神経の働き で1問

詳しくは出題詳細で考察しますね。

 

Ⅱ 薬の働く仕組み

 

例年通り、1)薬の生体内運命 から2問、3)剤形ごとの違い、適切な使用方法 から1問でした

 

Ⅲ 症状からみた主な副作用

 

f:id:ashomopapa:20171119133522p:plain

※(空白)とは、複数の副題にまたがった出題で分類が難しかったもの 

6)皮膚に現れる副作用 と、複数項目にまたがる出題の2問だけでした。

まあ、たまたま、と思っておいた方がいいでしょう。

過去に平成22年に4問、平成24年に3問、の出題となったこともありましたが、翌年は6問出題されています。

来年度の試験では6問出題されるかもしれませんね。

 

 

 

詳細については、出題詳細の記事をお待ちください。

第1章 出題傾向(H21~29年)

 

H29年度の試験結果の分析結果です!!

 

H21~28年と合わせて、こちらです。

f:id:ashomopapa:20171112214651p:plain

 

ご覧の通り、概ね平均的な出題割合でした。

 

第1章は9割獲れて当たり前。

合格のための最低必要条件、と思ってください。

満点を獲るつもりでちょうどいいのかもしれませんね。

 

出題内容の詳細はこれから分析しますので、もうしばらくお待ちください。

H29年度 登録販売者試験《東海北陸地区》結果!

 

9月6日に登録販売者試験を受験された皆さん、お疲れさまでした。

昨日10月20日に各県のホームページで合格発表などが公開されましたね。

(静岡、愛知県、三重県岐阜県、石川県、富山県)

 

各県の合格率などは次のようになっています。

f:id:ashomopapa:20171021110846p:plain

 

不思議なことに、同じ問題なのに県によって合格率に差が出ていますね。

 

出題の詳細はこれからお知らせしていきますね。

第5章 「IV 一般用医薬品に関する主な安全対策」「V 医薬品の適正使用のための啓発活動」出題詳細

第5章 「IV 一般用医薬品に関する主な安全対策」「V 医薬品の適正使用のための啓発活動」では、毎年それぞれ1問の出題があります。

ページ数は約2ページです。しっかり押さえていきましょう。

 

それでは、出題の詳細を見ていきましょう。

 

第5章 医薬品の適正使用・安全対策

「IV 一般用医薬品に関する主な安全対策」「V 医薬品の適正使用のための啓発活動」

 

目次

  • IV 一般用医薬品に関する主な安全対策
  • V 医薬品の適正使用のための啓発活動

 

続きを読む