登録販売者試験 過去問から導く最強対策《東海北陸版》

過去問を完全分析して見えてくる最強対策

第5章 出題傾向(H21~29年)

 

sponsored Link

 平成29年度試験の問題分析結果、第5章です。

 

f:id:ashomopapa:20171119135803p:plain

 

H30年は概ね例年並みの出題割合だったと言えるでしょう。主題ごとの内訳をみてみましょう。

 

 主題Ⅰ「医薬品の適正使用情報」

 ここで半分出ます。10~12問の出題ですが、H30年は10問くらいになりそうです。

しかも、そのうち7割くらいは1)添付文書の読み方 から出題されています。

2)~4)で各1問が出題されそうです。

 

主題Ⅱ「医薬品の安全対策」

 3~4問の出題です。1「医薬品の副作用情報等の…」から2問、2「医薬品による副作用等が…」から1~2問の出題予測です。

ページ数が少ないので確実に準備しておきましょう。

 

主題Ⅲ「医薬品の副作用等による健康被害の救済」

 ここでも3~4問の出題です。

H29年は出題なしでしたが 1)医薬品被害救済制度 から恐らく1問、2)医薬品被害救済制度等への案内、窓口紹介 から毎年3問出題されます。

ページ数も少ないので、なじみが薄いところですが、しっかり押さえましょう。

 

主題Ⅳ「一般用医薬品に関する主な安全対策」

 0~1問です。ポイントはほぼ決まっているので、一応さらっと押さえておきましょう。(後日の出題詳細記事を参照)

 

主題Ⅴ「医薬品の適正使用のための啓蒙活動」

 必ず1問出ます。パターンはいくつかのみですので、しっかり押さえておきましょう。

 

出題詳細の傾向と対策は以下のリンクからどうぞ!

 

最強対策コンテンツ一覧に戻る

============================

第5章関連リンク====================

第5章 医薬品の適正使用・安全対策(出題傾向)

Ⅰ 医薬品の適正使用情報(10~12問)

 1)添付文書の読み方(7~9問)

 2)製品表示の読み方(1~2問)、3)安全性情報など、その他の情報(1~2問)

Ⅱ 医薬品の安全対策(2~4問)

1 医薬品の副作用情報等の収集、評価及び措置(0~2問)
2 医薬品による副作用等が疑われる場合の報告の仕方(1~2問)

Ⅲ 医薬品の副作用等による健康被害の救済(3~4問)

 1)医薬品副作用被害救済制度(1問) 、2)医薬品副作用被害救済制度等への案内、窓口紹介(2~3問) 

Ⅳ 一般用医薬品に関する主な安全対策(1問)
Ⅴ 医薬品の適正使用のための<啓発活動(1問)