登録販売者試験 過去問から導く最強対策《東海北陸版》

過去問を完全分析して見えてくる最強対策

第2章「Ⅰ人体の構造と働き」3-1)外皮系

 

sponsored Link

3-1)外皮系からは概ね1問出題されます。

ページ数からは妥当ですが、出題傾向がだいぶバラついています。 

 苦手な人は深追いしない方がいいでしょう。 

f:id:ashomopapa:20181115224114p:plain

 <皮脂>

第15項

皮脂は、皮膚を潤いのある柔軟な状態に保つとともに、外部からの異物に対する保護膜としての働きがある。皮脂の分泌が低下すると皮膚が乾燥し、皮膚炎や湿疹を起こすことがある。
皮脂は、皮膚を潤いのある柔軟な状態に保つとともに、外部からの異物に対する保護膜としての働きがあり、皮脂の分泌が低下すると皮膚が乾燥する。(H22)
皮脂の分泌が低下すると皮膚が乾燥し、皮膚炎や湿疹を起こすことがある。(H27)
皮脂は、皮膚を潤いのある柔軟な状態に保つとともに、外部からの異物に対する保護膜としての働きがある。(H29)

 全てYesです。

皮脂の役割①潤いを保つ②異物に対する保護膜としての働きがありますよ。

 

その他は主に<皮膚>についての出題項目をさらっと押さえておきましょう。

 

 

最強対策コンテンツ一覧に戻る